みんなどうしてる?ムダ毛の自己処理方法

タオルとハサミとカミソリ
ムダ毛の自己処理の大定番といえば、カミソリ

最近では、家庭用脱毛器も増えてきていますが、他にはどういう処理方法があるのでしょうか?

みんなが試している、自己処理方法のメリット・デメリットをまとめてみました。

ムダ毛の処理方法とメリット・デメリット

女性の両足と手

自己処理方法 メリット デメリット
カミソリ ・手軽、コストが安い ・色素沈着になりやすい
毛抜き ・手軽、コストが安い ・埋没毛になりやすい
脱毛ワックスシート ・伸びた毛がチクチクしない ・痛みが強く、毛穴・角質のダメージが大きい
除毛クリーム ・伸びた毛がチクチクしない
・背中の毛も処理しやすい
・継続して使うと費用がかかる
・処理中に刺激臭がでる
抑毛ローション ・お肌の負担が少ない
・毛が細くなるので、ムダ毛処理に時間がかからなくなる
・徐々に毛が細くなるので、その場での効果が感じにくい
・毎日塗らなくてはいけなくので、手間がかかる
家庭用脱毛器 ・お肌の負担が少ない
・自宅で脱毛できる
・初期費用がかかる
・一回ごとに時間がかかる
脱毛タオル ・背中の毛も処理しやすい
・美肌効果が期待できる
・一回で効果がでない
・色素沈着しやすい
・ムダ毛が濃い人は効果が出にくい

脱毛サロンでのムダ毛処理が定番になっている現代では、ほとんどの人が脱毛サロンに通った経験があるはずです。とはいっても、脱毛期間中にまったくムダ毛の自己処理をしなくていいなんて人は少ないはずです。

肌トラブルを避けるためにも正しい自己処理方法を身につけましょう。

ここでは自己処理方法で一番多い、カミソリを使った剃る方法についての手順から注意点まで流れをご紹介します。

はじめる前に

ワキやVIO・ウデ毛など、処理前に長い毛がある場合は、新聞紙を広げてハサミを使いある程度の長さは切っておきましょう。そうすることで、その後の自己処理がだいぶ楽にできますにできます。

1.皮膚を温める

タオルと花
お肌をやわらかくすることで、肌自体に弾力が出て脱毛のときにお肌を傷つけるリスクが減ります。お風呂に入ったあとやホットタオルで温めてもいいですね。

2.ボディークリームやシェービングクリームを塗ってお肌を守る

イラストで水滴
面倒くさいと感じてしまう人も多い脱毛前のクリームですが、やるのとやらないのでは仕上がりにも大きな違いが出てきます。お肌への摩擦が減ることで、肌トラブルを防いでくれます

3.毛流れに逆らうように剃る

処理する部位によって、多少剃り方は違ってきますが、毛の流れに逆らうようにして剃るとより見た目にも、触り心地もキレイにツルツルに見えます。毛の流れに合わせて剃るスタイルだと、一度で剃れないことが多く、同じ場所に何度も刃をむけるため色素沈着しやすくなります。

4.剃り終ったら冷やす

剃り終ったあとは、剃り残しがないかも確認しながら、冷やしタオルで毛穴をしめましょう。そうすることで、毛穴もキュッとしまります

5.十分に保湿する

砂浜の写真
ムダ毛の自己処理後は、摩擦でお肌が乾燥しやすい状態になっています。

またお肌が乾燥していると、さまざまな肌トラブルの原因になるため、十分に保湿しましょう。

出来るだけ、ムダ毛の自己処理は避けた方が無難ですが、脱毛サロンで脱毛中のひとでも、完全に脱毛をさけるのは難しいですね。

一度、色素沈着や埋没毛を起こしてしまうと、治るのに時間がかかるだけじゃなく、お肌の状態がひどくなってしまうことも多いです。

できるだけ、正しい自己処理方法でお肌をキレイに保ちましょう

沖縄で最新SHR脱毛を体験しよう!